施設情報八王子キャンパス

ラーニングコモンズ八王子 / 新2号館

学生に自由な学びと豊かな想像力をもたらす〜自学と共学をひとつのカタチに融合した校舎

2017年3月、八王子キャンパスの再開発プロジェクトの最後を締めくくる「新2号館」が竣工しました。
新2号館の建設は、株式会社INA新建築研究所(設計)と株式会社フジタ(設計・施工)が担当し、両社ともに本学の建築学科で学んだ同級生が中心となりプロジェクトに携わりました。さらに、建築学部の塩見一郎教授(建築デザイン学科)と2016年に退官された飯島直樹氏(建築デザイン学科元教授)がインテリアデザイナーとして参画し、校舎建設では類を見ない試みとして、学生の視点に立った斬新なアイディアが随所に取り入れられています。

新2号館


■階数:地上7階建て
■建築面積:1,297.09m²
■延べ面積:8,596.53m²
■構造:鉄筋コンクリート造一部鉄骨造(FRASH構法)
■最高高さ:37.13m

1F Fabrication Lab Floor

●実験・演習

3D映像、音楽実験評価室、収録スタジオ

映像・音響等のコンテンツ制作や実験ができ、情報学部の授業で活用します。

2F Information Floor

●情報収集-個人/グループ

情報収集ラウンジ

大学のメインゲートに面したラウンジではコミュニケーションボードで学内の様々な情報を得られます。
配置された家具はすべて可動式で学生が自由にレイアウトすることで、個人、グループ、講義形式などアクティブな学びを実現します。また、中庭の緑をゆらぐように映すアルミ製の天井など見どころも満載です。

さらに、2Fデッキフロアとバスロータリーが直結し、今まで停車場で並んでいた時間を大幅に短縮でき、バスが到着するまでの時間を有効活用できるようになります。

3F Study and Support Floor

●学習支援-個人/グループ

学習サポートコーナー

学習支援センターのサポートを受けたり、グループ学習ができます。

4F Learning Floor

●静寂学習-個人

書架、学習スペース

未知に対する興味を引き出すためにキーワードを軸に関連書籍が並ぶストーリー性を重視した書架に、デジタルアーカイブが充実した図書館は、誰もが心地良さを実感できる新しいスタイルの図書館です。

新2号館建設の様子

新2号館建設の様子をFlickrに掲載しています。
新2号館