大学院

大学院について

工学研究科の理念・目的

教育研究上の目的

工学研究科は、独創的かつレベルの高い研究を展開して社会や人類に貢献するとともに、各専攻分野の原理・原則に関する深い知識と応用力を有し、学際的な視野にたって判断できる技術者や研究者を育成することを教育研究上の目的とする。それを踏まえ、修士課程では専門教育に立脚した専門技術者や研究者を育成する。また、博士後期課程では先端研究領域を切り開くことのできる高度専門技術者や上級研究者を育成する。

現在、高等教育を受ける人の増大に伴い、大学で学ぶ意味がかなり多様化しているという現状にあります。これを受けて、大学自身が自らの理念目標を掲げて、それぞれの大学のめざす方向のなかでの多様化・個性化を図りつつ発展していくことの必要性が叫ばれています。したがって、学部卒業生が、研究を中心により深い専門領域を学ぶ大学院( 修士ならびに博士課程)も、このような情況を反映して高度化と多様化に迫られています。一方、各自の個としての生き方が問われる現代においては、大学院に学ぶ個人( 個)のより高度なレベルへの到達という視点での大学院の高度化と改革も必要とされています。
従来から大学院は、高度な知識を身につけたゼネラリストの育成を意図した修士(博士前期)課程と教育・研究のスペシャリストを育成する博士(後期)課程とに分けられ、各々の機能の充実と目的の達成を追求してきました。これまでの多くの場合、工科系大学学部卒業者は引き続き、知識の集約がはかられた学部教育の基礎のうえに、特に将来、研究部門の一員として社会で活躍するためのライセンスを獲得する意味を含め、先端的な研究への参加をめざし大学院への進学を希望してきました。
また、現在のような展開の著しく速い知識基盤社会においては、科学技術部門に関与する個人にとっては、自己の知識体系を最新のレベルに再構築しながら同時により高度な先進的知識を獲得し、課題解決能力・リーダーシップ能力の涵養など自己を質的にも高められる可能性を見いだせる場としての大学院の魅力がクローズアップされています。
以上のように、大学院修了生に対する社会からの期待は、各専門分野における深い知識と応用力を有する技術者・研究者としての自立とリーダーシップを有する人材にあります。このような状況に鑑み、工学院大学大学院工学研究科は教育研究上の目的として前述の項目を掲げました。

工学研究科の概要

大学院工学研究科

工学院大学大学院工学研究科は、学部での教育による基礎のうえに、工学における理論と応用を教授・研究することを目的として、1964(昭和39)年4月に修士課程が、1966(昭和41)年4月に博士課程が設置されました。
その後1977(昭和52)年4月に大学院学則改定により博士課程一本となりましたが、博士課程5 年を前期課程2年と後期課程3年に区分し、前者を修士課程、後者を博士後期課程と称しています。
研究科は6 つの専攻に分かれており、それぞれの専攻は工学部、建築学部、情報学部、グローバルエンジニアリング学部の複数の学科を基盤とし、広い領域の各種専門分野にわたる多様な教授陣をそろえ、教育・研究を行っています。

大学院での学修

本大学院における教育は、授業科目による授業( 単位制度によるもの〈修士課程のみ〉)と、学位論文の作成などに関する指導(研究指導によるもの)によって行われます。修士課程における授業科目は、専修科目(必修)とその他の科目(選択)とに分かれ、機械工学専攻、化学応用学専攻、電気・電子工学専攻、情報学専攻の専修科目は講義( 2 単位)と演習( 8 単位)を一組として履修します。建築学専攻の専修科目は演習( 8 単位)を一組として履修します。システムデザイン専攻は「工学研究科学修便覧」を参照してください。学生は入学の際、専修科目を選定しますが、専修科目を担当する教員がその学生の指導教員となります。また、副指導教員を決めて複数指導教員によるきめの細かい指導体制を確立し、大学院生の学修を強力にサポートしています。

修了要件と学位

修士課程

修士課程に2年以上在学し、所定の授業科目30 単位(システムデザイン専攻は37単位)以上を修得し、かつ必要な研究指導を受けたうえ、修士論文の審査および最終試験に合格することによって、修了することができます。ただし、在学期間に関しては、優れた研究業績をあげた者は1年以上の在学で修了を認めることがあります。修士課程を修了した者には、「修士(工学)」の学位が授与されます。情報学専攻の場合は「修士(工学)」または「修士(情報学)」の学位が、システムデザイン専攻の場合は、「修士(工学)」または「修士(システムデザイン)」の学位が授与されます。

博士後期課程

博士後期課程に3年以上在学し、必要な研究指導を受けたうえ、博士論文の審査および最終試験に合格することによって、修了することができます。ただし、在学期間に関しては、優れた研究業績をあげた者は博士後期課程に1 年以上の在学で修了を認めることがあります。修了者には、「博士(工学)」の学位が授与されます。情報学専攻の場合は「博士(工学)」または「博士(情報学)」を選択できます。

就職実績

就職実績

大学院での活動支援制度

多彩な教授陣と、きめ細かい指導

本大学院では、工学部、建築学部、情報学部およびグローバルエンジニアリング学部に置かれた14の学科を基礎とした6つの専攻において、それぞれの専攻での必須分野をカバーする多彩な教授陣が、豊富な経験を生かし、授業科目を通して高度な教育を行うとともに、複数指導教員制度により学習面でも研究面でもきめ細かい指導を行っています。

社会に開かれた大学院

広い分野から多様な学生を受け入れることをめざし、本学の学部出身者と共に、他大学の学生、社会人、留学生も歓迎しています。特に優秀な学生の飛び級入学制度ならびに短期修了制度も設定しており、社会人の入学については、一般入試とは別に社会人を対象とした社会人特別選抜を実施。社会人が在職したまま大学院で学べるシステムを整備しています。具体的には、隔年で昼夜交互に講義を行う昼夜開講制( 修士課程)、入学時期が4月と10月の年2回ある年間2学期制(セメスター制)などです。本学卒業後、しばらく経って社会人として本大学院に入学するケースが増えています。

研究活動への支援

本大学院では、大学院生の研究発表を奨励する目的で、研究発表を支援するための制度が充実しています。外国で開催される国際学会において大学院生が研究論文を発表する場合は、1 名につき12 万円以内の交通費(エコノミークラスの往復航空運賃)を補助し、国内の発表でも交通費・参加登録費・宿泊費を補助しています。この支援を受けて、毎年多くの大学院生が学会発表を行っています。また、国際学会で発表するための語学力を養うためにPresenting Technological Research in English など、ネイティブスピーカーによる授業科目を設け、英語によるプレゼンテーションやディスカッション能力の育成も行っています。さらに大学院生が在学中に発表し、査読付き学会誌に掲載され、特に学術的に優秀と評価された論文を表彰する優秀論文表彰制度があります。受賞者は学位授与式で表彰状が授与され、副賞として5 万円が贈呈されます。

2016(平成28)年度国際学会参加補助データ

専攻名 申請者数
機械工学専攻 22
化学応用学専攻 13
電気・電子工学専攻 21
情報学専攻 17
建築学専攻 18
システムデザイン専攻 0
合計 91
国・地域 渡航者数 国・地域 渡航者数
アメリカ 30 オーストリア 3
カナダ 9 ハンガリー 3
台湾 9 ポルトガル 3
デンマーク 7 スペイン 2
中国 4 フランス 2
韓国 4 スロバキア 2
イギリス 3 タイ 2
ドイツ 3 その他※ 5

※イタリア、ギリシャ、スウェーデン、ポーランド、マレーシア


過年度の受賞者一覧

詳細は下記をご覧ください。

学部生・大学院生の受賞・表彰一覧

国を越えた仕事ができる エンジニアをめざし、 企業からの受託研究で 実践力を磨きました

電力を安定供給するパワーエレクトロニクス技術を用いて、グローバルな仕事に関わりたいと考え、電力技術の専門性を身につけるため進学しました。大学院では「蓄電池と燃料電池の自立運転」を研究テーマに、解析ソフトを用いて実装置のシミュレーションモデルを構築。企業からの受託研究のため、実用化をめざすやりがいがありました。さらに海外での学会発表も貴重な経験となりました。今後は世界を変えるようなインフラ事業に貢献することが目標です。







電気・電子工学専攻卒業
佐藤泰平さん


柔軟なアイデアでエンジンを研究自動車メーカーへの内定につながりました



大学で研究を進めるほど、もっと学んで社会での自分の強みを得たいと感じるようになり、大学院へ。最新型ダウンサイジングエンジンに見られる「エンジンの異常燃焼の原因解明」に着手しました。正攻法の実験手法にとらわれず、発想を変えて大学の研究資源を有効活用してエンジン内のようすを観察。アイデアを生む姿勢が身につきました。先生や先輩社員、リクルーターの方々の支えを得て、これまでの研究成果が評価され自動車メーカーに内定を獲得。今後も勉強を続けて研究に携われたらと思っています。







機械工学専攻卒業
阿部元一さん


専攻別TA担当者数
専攻名 2016年度
機械工学専攻 97名
化学応用学専攻 85名
電気・電子工学専攻 54名
情報学専攻 33名
建築学専攻 59名
システムデザイン専攻 2名
330名

低めに抑えた学費とTA(ティーチングアシスタント)制度、 大学院進学奨励学費減免制度

本大学院では、向学心ある人々に大学院での勉学の機会を広く提供するため、他の大学院と比べても低めに抑えた学費となっています。また、研究教育活動の一環としてTA制度を採用し、教育効果に反映する機会を提供するとともに、在学中の経済的負担の軽減をはかっています。これは大学院生が学部の授業担当教員の指示に従い授業の補助を行うもので、担当すると所定の給与が支給されます。給与額は、通年週2 時間(1コマ)の授業を担当した場合、月額12,500円となります。担当時間は、本来の学修に支障がないように一人通年で6 時間(3コマ)まで可能です。さらに、大学院進学奨励学費減免制度を設け、修士および博士後期課程在籍時の年間授業料の半額が減免となり、優秀な学生に対して大学院への進学を奨励しています。

外国の大学との交流

毎年多くの大学院生が、支援を受けて海外で活発に学会発表しています。海外協定校との共催シンポジウム参加も奨励されており、交換留学制度もあります。グローバルに活躍する技術者・研究者をめざす環境を整えています。

充実した研究環境

科学技術の本質を考えると、高度な技術者の育成にとっては、研究を抜きにした教育は考えられません。本大学院では、教授陣が日夜学生とともに多様な研究活動に取り組んでおり、最先端の研究に必要とされる高度な測定装置・機器などの研究設備も充実しています。

大学院工学研究科研究科長メッセージ

「研究する人生」も悪くない

皆さんは、卒業研究を通じて、研究とそれを取り巻く様々な活動の一端に触れ、多くのことを感じたことと思う。それは、楽しいものであったり、ワクワクするものであったり、ひょっとして苦しいものであったかもしれない。そして研究に夢や希望、ひょっとしたらもう少しの猶予を求めて、大学院へ進学された。大学院では、研究が生活の主要な時間を占めることになる。一生という時間からすればこの大学院の期間はわずかなものに過ぎないが、人生における特異点の一つとなるであろう。大学院時代は語るべき話題の一つとなる程に、人生に深い影響を及ぼすものと思う。「研究する人生」も悪くないと思えるように、心から願っている。

何故、大学院か?

科学技術の発展・深化は目をみはるものがある。人口知能が囲碁においても人間に勝つ時代である。一方で、原子力発電所事故は科学技術とそれに関わる日本社会の脆さを露呈した。私たちの学ぶべきものは、学問においてさえも、さらに広範かつ奥深いものになってきている。新発見や新しい理論構築に広がりがあり、社会の仕組みも大きく変化してきている。現代の学問はそうしたものすべてをベースに成り立っている。そう考えると、学部の4年間はあまりにも短く、学ぶべきものは多い。少なくない数の学生が、卒業研究に物足りなさを感じ、大学院に進学しているのは、その証であろう。

こんな能力を身につける

大学院での学習、研究、対外的な活動などを通して、以下のような、学部生活では得られない大きな能力を身につけることができる。これらをひっさげて、大きく社会で羽ばたいてほしい。
  • 専攻する研究領域における高度な専門知識
  • 科学技術を運用するさまざまな能力
    • 研究を主体的に進める上で必要なコミュニケーション能力
    • リーダーシップ/チーム協働力
    • 創造的思考力
    • 実験技術/設計技術
    • PDCAサイクルを運用する力
  • 問題を分析し、課題を設定・解決する能力
  • 主体的に研究に取り組む力
  • 社会や職業についての知識や技術者や研究者として必要な倫理観

社会や世界へつながる

大学院での時間の過ごし方は、研究室の中だけには留まらない。むしろ、積極的に研究室を飛び出して、学部時代には経験できなかったことも経験してほしい。研究を通じて、企業や役所、研究機関、一般市民の方々などとコラボレートしながら実社会の一員として活動することは、その後の進路選択や人生そのものにも影響を与えてくれる。また、学会等で発表することで、全国・全世界の仲間と知り合い、刺激を受けて、研究の新しい展開を考えるきっかけを得ることもできるし、一生付き合っていける友を得ることもできる。

努力する皆さんを全力でサポートします!

こうした大学院進学で得られる様々なメリットは、大学院に進学しさえすれば君たちに付与されるというわけではない。自らが望んで掴み取ろうとする意志と努力がないと実現しない。そうした努力に対して、教職員一同はバックアップを惜しまない。本学では実験施設等の研究環境や、国際学会参加補助金をはじめとする各種の制度が非常に充実している。これらの充実した「ひと・もの・かね」を最大限に活用して、有意義な大学院生活を過ごしてほしい。
大学院工学研究科研究科長
化学応用学専攻・教授
今村 保忠

大学院学位論文題目

大学院学位論文題目一覧

関連リンク