建築学専攻

建築学専攻

建築学専攻の特徴

大学院での学修を通して美しい生活環境の創造と高度で確かな技術を身につけよう

理念と目的

建築学は快適で安全・豊かな住生活の創造と維持が大きな課題です。しかし、近年、社会の動向は少子高齢化、情報化社会、国際化、建築技術者倫理など、新たな問題や課題が山積しています。これらの諸問題を解決するために、本専攻では、建築に関わる広い視野と高度な専門知識・技術修得をめざすとともに、国際性を備えた人材を育成します。

教育目標(育成する人材像)

  1. 「工手学校」からの建築教育の伝統を受け継ぎ、多様な社会ニーズに応える建築・都市・環境の計画・設計の実践的な能力を培う。
  2. 地球的視野を持ち固有の風土とその歴史、環境条件を理解したうえで、建築の適切な提案能力を養う。
  3. 建築・都市および関連分野の既往の知見に加えて先進的な専門知識を修得し、幅広い視野から調査分析し、課題を解決する能力を培う。
  4. 建築・都市の芸術性や歴史性に関する深い知識に基づき、創造的な提案をする能力を培う。
  5. 建築および都市デザインに関連する職能とその社会的使命を理解する。
  6. 建築・都市の安全と安心を支える構造、構法、施工などの技術や計画について理解する。
  7. 環境、経済、社会の観点から持続可能な社会の重要性を理解し、それを実現するための知識と能力を養う。
  8. 建築や都市開発を実現するため、社会的および経済的な制約や条件などを調整し、設計から事業へのプロセス統合的にマネジメントする能力を養う。
  9. 自らのアイディアを広く社会に提案し、異分野の専門家ならびに一般市民との協働のなかで、リーダーシップを発揮する能力を培う。
  10. 教員および学生相互の共同作業を通して、調査研究設計・計画の手法を継続的に研鑚する。
研究分野
  1. 建築計画、建築設計、建築デザイン、建築史、デザイン論、住宅デザイン、保存再生修復
  2. 都市計画、都市デザイン、環境デザイン、景観計画、市街地整備、都市防災・防犯、まちづくり
  3. 耐震工学、構造デザイン、地震防災、木質構造、鉄筋コンクリート造、鋼構造、各種構造工学
  4. 構法計画、建築生産、建築経済、建築材料、建築環境工学、建築設備工学、建築音響工学

研究室紹介

カリキュラム・授業一覧

☆専修科目

修士課程

カリキュラムを開く/閉じる
設計・意匠
空間デザイン特論
建築設計1
建築設計2
建築設計3
建築設計4              
建築設計5
まちづくりデザイン
建築実務特論
都市計画・都市デザイン
都市計画特論
都市デザイン特論
都市防災特論
環境生態学特論
ランドスケープデザイン特論
都市再生特論
建築計画
建築システム計画特論
建築プロダクトデザイン特論
医療・福祉施設計画特論
建築環境計画特論
環境行動特論
人間環境計画特論
保存・再生デザイン建築史
近代建築史特論
建築保存修復学特論
西洋建築史特論
建築歴史意匠特論
建築保存修復実務特論
建築構造
木質系構造特論
建築振動学特論
鉄筋コンクリート構造特論
構造デザイン特論
鋼構造特論
建築基礎工学特論
アセット・マネジメント
構造計画特論
建築生産・マネジメント
生産システム特論
コンクリート材料特論
建築施工特論
社会システム特論
環境マネジメント特論
建築経済特論
環境設備
建築環境シミュレーション特論
建築室内気候特論
室内空気環境特論
都市環境工学特論
建築設備特論
建築都市エネルギーシステム特論
応用関数解析学特論
建築音響特論
Intercultural Interaction
Postgraduate Integrated Skills in English
Presenting Technological Research in English
Guided Research in English
Advanced English Lecture Series
建築設計インターンシップ1
建築設計インターンシップ2
環境設備インターンシップ
構造インターンシップ
建築設計演習A
建築設計演習B
海外研修セミナー
☆建築学特論演習A
☆建築学特論演習B
☆建築学特論演習C
☆建築学特論演習D
教育学特論

博士後期課程

カリキュラムを開く/閉じる
建築デザイン特殊研究
建築プロセス特殊研究
都市計画特殊研究
環境生態学特殊研究
都市デザイン特殊研究
建築・都市防災特殊研究
建築空間計画特殊研究
施設計画特殊研究
日本建築史特殊研究
環境行動特殊研究
木質系構造特殊研究
地震防災特殊研究
構造デザイン特殊研究
鋼構造特殊研究
建築生産システム特殊研究
建築材料特殊研究
環境材料特殊研究
建築環境制御特殊研究
建築空気環境制御特殊研究
都市環境制御特殊研究
都市環境共生システム特殊研究

進路について

おもな就職先(過去3年間)

取得可能な教員免許状・学芸員資格

修士の学位を有する者で所定の条件を満たし た場合、高等学校教諭の「専修免許 状」を取得することができます。 本大学院において取得できる専修免許状は以 下のとおりです。専修免許状取得には一種免 許状の要件が必要ですが、ない場合は学部聴講で取得できます。
  1. 高等学校教諭専修免許状 (工業)
  2. 学芸員資格
学芸員資格科目は学部に設置されて いますが、学部聴講で取得可能です。