情報学専攻

情報学専攻

情報学専攻の特徴

次世代の情報通信技術の担い手を育てる

理念と目的

情報学専攻は、情報を単に工学的な一要素として取り扱うのみでは不十分なため、文系学部卒業生も含めて情報技術について基礎的知識と興味を有する人材を積極的に受け入れる目的志向型の専攻です。情報学専攻は、基礎、工学、社会科学、これらの融合/境界領域、未踏分野の5 本柱を立て、数理的基礎理論、インターネットやモバイルに象徴されるネットワークやセキュリティ技術とその応用、ソフトウェア諸技術やコンピュータのアーキテクチャ、メディア処理技術とその技術の福祉や人間・物体の認識などへの応用、人工知能、人間工学、そして社会科学など、ハードウェアからソフトウェアまで幅広くカバーすることを目標としています。また、産官学連携については、教育的側面も含め積極的に進めています。

教育目標(育成する人材像)

  1. 次世代の情報通信技術の担い手を育成。
  2. 人類社会に快適な生活環境を提供できる技術者の育成。
  3. 問題発見能力・解決能力を備えた技術者の育成。
研究分野
  1. 基礎分野
  2. 工学分野
  3. 社会科学分野
  4. 基礎・工学・社会科学の融合/境界領域分野
  5. 未踏分野

研究室紹介

カリキュラム・授業一覧

☆専修科目

修士課程

カリキュラムを開く/閉じる
基礎
☆計算機構成特論
オペレーティングシステム特論
言語処理系特論
☆数値アルゴリズム特論
数論基礎特論
☆ソフトウェア基礎特論
☆ソフトウェア開発工学特論
工学
応用統計学特論
☆音響信号表現特論
☆ディジタル信号処理特論
☆ネットワーク情報システム特論
☆画像再構成特論
☆画像特性計測処理特論
色彩情報処理特論
☆映像情報特論
☆分散アルゴリズム特論
☆マルチセンサデータ処理特論
☆パターン認識特論
☆数理解析特論
社会科学
教育情報システム特論
☆品質・セキュリティ管理特論
セキュリティ科学特論
融合・境界
☆ヒューマンインタフェース特論
☆データベース特論
数値シミュレーション特論
☆自然言語処理特論
情報コンテンツ設計特論
☆人工知能特論
未踏
☆数論アルゴリズム特論
オブジェクト指向プログラミング特論
☆情報可視化特論
☆知能情報処理特論
☆視覚システム特論
感覚知覚特論
Intercultural Interaction
Postgraduate Integrated Skills in English
Presenting Technological Research in English
Guided Research in English
Advanced English Lecture Series
インターンシップ
☆情報学特論演習A
☆情報学特論演習B
☆情報学特論演習C
☆情報学特論演習D
教育学特論

博士後期課程

カリキュラムを開く/閉じる
計算アルゴリズム特殊研究
ディジタル信号処理特殊研究
画像再構成特殊研究
画像特性計測処理特殊研究
映像情報特殊研究
分散アルゴリズム特殊研究
ヒューマンインタフェース特殊研究
【2016年04月01日更新】

進路について

おもな就職先

取得可能な教員免許状・学芸員資格

修士の学位を有する者で所定の条件を満たした場合、中学校・高等学校教諭の「専修免許状」を取得することができます。 本大学院において取得できる専修免許状は以下のとおりです。専修免許状取得には一種免 許状の要件が必要ですが、ない場合は学部聴 講で取得できます。

  1. 中学校教諭専修免許状(数学)
  2. 高等学校教諭専修免許状  (数学・工業)
  3. 学芸員資格
  4. 学芸員資格科目は学部に設置されて いますが、学部聴講で取得可能です。