システムデザイン専攻

システムデザイン専攻

システムデザイン専攻の特徴

経営感覚を身につけ海外でも活躍できる技術者をめざす

理念と目的

経済活動の国際化によって、高度な技術力に加えてマネジメント力、コミュニケーション力、創造力などの人間力を備えたグローバルエンジニアの需要が急速に高まっています。また、今後の技術立国の中核の担い手として「国際的行動感覚、幅広い視野と倫理観、強い目標達成意識」を備えた技術リーダー、技術のわかる経営者層の育成が急務です。このような需要に応えて、システムデザイン専攻では工学関連分野の原理・原則に関する深い知識と応用力をベースに、優れた経営感覚を兼ね備えた企業リーダーを本気で育成することを目的としています。

教育目標(育成する人材像)

  1. 工学関連分野の原理・原則に関する深い知識と応用力を身につけた人材を育成します。
  2. 幅広い視野を身につけるための関連領域(技術経営、知財、マネジメントなど)に関する知識と認識をもち、高度なオペレーション能力を身につけた人材を育成します。
  3. 文献・実地調査、仮説の設定と検証などを行う能力をもち、さらに、技術的問題を分析し、課題を設定・解決できる技術者・研究者を育成します。
  4. 国際的にも通用するコミュニケーション力、リーダーシップなどの社会・人間関係スキルをもつ技術者・研究者を育成します。
  5. 社会的責務を果たし、技術者倫理を身につけた技術者・研究者を育成します。

JABEE プログラムに新たに認定されました

2014 年3月、本専攻の「システムデザインプログラム」が、修士課程の工学(融合複合・新領域)および関連のエンジニアリング分野で日本初のJABEE認定を受けました。JABEE認定により教育の質保証がされ、修了生は国家試験である技術士資格試験の第一次試験免除で修習技術者として実務修習に入ることができます。
教育の質の国際的同等性を保証
JABEE認定プログラムは、世界各国の技術者教育プログラムと実質的に同等と認められます。産業界のボーダレス化の進展は加速傾向にあり、こうした状況を乗り切るためにもJABEE認定は必須プログラムと言えます。

プログラム修了者の特典
認定プログラム修了者は、国際的に通用する技術者として就職などさまざまな面で高い評価を受けるほか、次の特典があります。
  1. 国家資格「技術士」の第一次試験が免除
  2. 「修習技術者」の資格を持ち、登録すると国家資格「技術士補」になる※その後、実務経験(最低4年)を積み、技術士の第二次試験に合格すると「技術士」となる
働きながら技術士補の資格取得が可能
システムデザイン専攻の認定プログラムを修了すれば、従来の半分の期間(2年間)で技術士補の資格を取得できます。夜間の開講科目も多く、新宿駅徒歩5分という抜群の立地によって社会人も無理なく学ぶことができます。

研究室紹介

カリキュラム・授業一覧

修士課程

カリキュラムを開く/閉じる
技術経営分野
技術経営特論
財務会計特論
グローバル技術経営特論
プロジェクト&プロダクトマネジメント特論
リスクアセスメント特論
事業化戦略特論
知財マネジメント特論
標準化戦略特論
アントレプレナーシップ特論
イノベーション経済学特論
経営学特論
ビジネスゲーム特論
ブランド開発特論
リーダーシップ特論
グローバル・キャリア・パス
技術者育成特論
交通システム特論
社会システム特論
社会システムデザイン特論
インターネット技術特論
ファシリテーション特論
自動車システム特論
工業デザイン特論
金融特論
PBL
Basic PBL A
Basic PBL B
Extended PBL
ビジネスゲーム
インターンシップ
機械分野
流体工学特論
機械振動学特論
エクセルギー工学特論
精密加工学特論
ローターダイナミクス特論
システム工学特論
スポーツ流体力学特論
タイヤ力学特論
機械材料シミュレーション特論
化学分野
生命情報化学特論
固体物性構造特論
環境マネジメント工学特論
有機合成化学特論
電気・電子分野
電力システム特論
交通シミュレーション特論
オペレーティングシステム特論
メディア情報処理特論
情報分野
計算機構成特論
ディジタル信号処理特論
ネットワーク情報システム特論
ヒューマンインタフェース特論
データベース特論
品質・セキュリティ管理特論
建築分野
都市防災特論
建築振動学特論
Intercultural Interaction
Postgraduate Integrated Skills in English
Presenting Technological Research in English
Guided Research in English
Advanced English Lecture Series
教育学特論

進路について

おもな就職先(過去3年間)

取得可能な教員免許状・学芸員資格

取得可能な教員免許状・学芸員資格
修士の学位を有する者で所定の条件を満たし た場合、中学校・高等学校教諭の「専修免許 状」を取得することができます。 本大学院において取得できる専修免許状は以 下のとおりです。専修免許状取得には一種免 許状の要件が必要ですが、ない場合は学部聴 講で取得できます。

  1. 中学校教諭専修免許状(数学)
  2. 高等学校教諭専修免許状  (数学・工業)
  3. 学芸員資格
学芸員資格科目は学部に設置されて いますが、学部聴講で取得可能です。