応用化学科

応用化学科

応用化学科の特徴

「くらし」を支え「みらい」を拓く

基礎科目を土台として化学の専門性を磨くとともに、ものづくりの素養も修得。くらしに密着した食品・バイオや未来の次世代エネルギー素材など、化学の力で課題に取り組み、幅広い産業分野で活躍できる化学技術者・研究者を育成します。

【キーワード】セラミックス/高分子/触媒/食品/ナノサイエンス/界面特性/触媒設計/ナノテクノロジー/無機先端材料/分子構造解析/熱伝導材料/タンパク質科学/植物機能/高機能ガラス/バイオアッセイ/燃料電池/濡れ性/不均一系触媒/食品素材/有機機能材料
学びの領域

社会につながる工学院大学の学び

応用化学科の学びを通して…、4年後こんなあなたに成長できる

社会につながる学び1
社会につながる学び2
社会につながる学び3

研究室紹介

カリキュラム

○:必修科目 △:選択必修科目

1年次

カリキュラムを開く/閉じる
共通基礎科目
自然科学の歩き方
○微分
○積分
○偏微分
重積分
微分・積分演習
偏微分・重積分演習
線形代数1
線形代数2
線形代数3
線形代数4
○物理学1
物理学2
物理学実験
物理学演習
○化学1
○化学2
化学実験
○生物学
○地学
地学実験
○情報処理入門
情報処理演習
専門基礎科目
○応用化学概論
○無機化学I
○有機化学I
○生物化学I
○物理化学I
○分析化学I
専門共通基礎科目
生命化学概論
環境化学概論
有機化学基礎
応用物理学序論
機械理工学概論
地球環境工学
物理数学
回路理論I
プログラミング論I
工学基礎英語1
工学基礎英語2
実験系
応用化学基礎実験
演習系
○物理化学演習 I

2年次

カリキュラムを開く/閉じる
共通基礎科目
地学実験
専門基礎科目
○無機化学II
○有機化学II
○生物化学II
○物理化学II
△分析化学II
△無機化学III
△有機化学III
△生物化学III
△物理化学III
実験系
△有機化学実験
△分析化学実験
△物理化学実験
△生物化学実験
演習系
物理化学演習 II
無機化学演習
有機化学演習
B群
くらしと化学
安全化学
化学工学基礎
物理化学概論
無機・有機材料概論
真空応用機器
微細加工技術
機構学及び機械要素
物理学総論
応化物理学実験
化学総論
生物学総論
知的財産権法

3年次

カリキュラムを開く/閉じる
共通基礎科目
生物学実験
地学実験
実験系
△応用化学実験 A
△応用化学実験 B
△応用化学実験 C
△応用化学実験 D
A群
化学工業の魅力
化学者のためのプロセス工学
化学者のための機械工学
機器分析
有機化学工業
量子化学
電気化学
化学者のための電気計測
高分子合成化学
無機固体化学
表面工学
高分子物理化学
触媒設計
機能性先端材料
錯体化学
薬品分析化学
栄養化学
界面化学
公衆衛生学
食品化学
微生物学
B群
応化生物学実験
生体物質代謝
創薬化学
免疫化学
生物物理化学
酵素化学
遺伝子工学
鉱物と結晶
実務のための知的財産権
学外研修

4年次

カリキュラムを開く/閉じる
実験系
○応用化学特別実験
卒業論文
○卒業論文
B群
微生物実験
労働法規
【2017年04月01日更新】

進路について

資格取得の優遇措置がある資格・免許

卒業後の進路

化学系学科の主な就職先(2017年3月卒業生)

伊藤製パン(株)、花王ロジスティクス(株)、(株)カナオカ、カバヤ食品(株)、協同乳業(株)、KOA(株)、三和シヤッター工業(株)、大王製紙(株)、大成ラミック(株)、太陽誘電ケミカルテクノロジー(株)、テーブルマーク(株)、東京ガス(株)、(株)東光高岳、戸田フーズ(株)、凸版印刷(株)、日産車体(株)、日本化成(株)、日本農産工業(株)、東日本旅客鉄道(株)[JR東日本]、(株)日立ソリューションズ・クリエイト、フジパングループ本社(株)、フジフーズ(株)、(株)富士薬品、(株)マーレフィルターシステムズ、山崎製パン(株)、雪印メグミルク(株)、ルネサスエレクトロニクス(株)、(株)ロック・フィールド、YKKAP(株)、わらべや日洋ホールディングス(株)
【公務員】甲州市役所、千葉県庁、那珂川町役場

化学系学科業種別就職割合

(2017年3月卒業生)*画像クリックで拡大表示

Real Voice

  • student 鈴木愛香音さん
    応用化学科
    鈴木愛香音さん

    世界の食糧問題を解決する高付加価値食品の研究に挑みたい

    自ら考える機会があることで深い理解が得られます

    オープンキャンパスに参加したときに、「人口増加による食糧問題に対してさまざまなアプローチを行うことが必要である」と訴えた先生のスピーチに心を打たれ、進学を決めました。幅広い分野に対応できるよう、入学後は化学の基礎となる5分野を並行して学びます。講義ではしっかりと理論を学びますが、演習や実験ではまずはやってみるというスタンス。それは探究心を大切にし、あらゆる経験から本質を理解してほしいという考えからで、私も失敗を恐れずトライしています。今後は食品工学を学び、研究者をめざして大学院への進学を考えています。高付加価値食品の研究を通して、食糧問題の解決に少しでも貢献できればと考えています。