生命化学科

生命化学科

生命化学科の特徴

化学者として生命を学び、生命に学ぶ

複雑な生命現象を化学というシンプルな言語で理解し、表現する力を養います。さらに有用な化学物質を創出し、医薬品や医療技術の開発、生物資源の有効利用に応用することで、社会に貢献できる研究者・技術者を育成します。

【キーワード】創薬/有機合成化学/生化学/ケミカルバイオロジー/遺伝子工学/医薬品合成/精密有機合成/タンパク質工学/キチン・キトサン/微細藻類/窒素固定細菌/植物/細胞外マトリックス/コラーゲン/DNA / RNA /ゲノム/疾患に関わる遺伝子/糖質分解酵素/再生
学びの領域

社会につながる工学院大学の学び

生命化学科の学びを通して…、4年後こんなあなたに成長できる

社会につながる学び1
社会につながる学び2
社会につながる学び3

研究室紹介

カリキュラム

○:必修科目 △:選択必修科目

1年次

カリキュラムを開く/閉じる
共通基礎科目
自然科学の歩き方
○微分
○積分
○偏微分
重積分
微分・積分演習
偏微分・重積分演習
線形代数1
線形代数2
線形代数3
線形代数4
○物理学1
物理学2
物理学実験
物理学演習
○化学1
○化学2
化学実験
○生物学
生物学実験
○地学
地学実験
○情報処理入門
情報処理演習
専門基礎科目
○生命化学概論
○有機化学基礎
○無機化学
○有機化学I
○生化学I
○物理化学I
○分析化学I
専門共通基礎科目
応用化学概論
環境化学概論
応用物理学序論
機械理工学概論
地球環境工学
物理数学
回路理論I
プログラミング論I
工学基礎英語1
工学基礎英語2
A群
生命化学基礎実験
○物理化学演習I

2年次

カリキュラムを開く/閉じる
共通基礎科目
生物学実験
地学実験
専門基礎科目
○有機化学II
○生化学II
○物理化学II
△分析化学II
△分子生物学
△細胞生物学
△有機化学III
△生化学III
△物理化学III
A群
△生命有機化学実験
△生命分析化学実験
△生命物理化学実験
△生化学実験
物理化学演習II
○分析化学演習
○有機化学演習
有機化学IV
B群
安全化学
くらしと化学
化学工学基礎
物理化学概論
無機・有機材料概論
真空応用機器
微細加工技術
機構学及び機械要素
知的財産権法
実務のための知的財産権
総合化学
総合物理学
総合生物学

3年次

カリキュラムを開く/閉じる
共通基礎科目
生物学生物学実験
地学実験
A群
○生命化学実験I
○生命化学実験II
○生命化学実験III
生命化学特別研究
機器分析
薬品分析化学
有機化学V
医薬品合成化学
錯体化学
高分子合成化学
生体物質代謝
創薬化学
ケミカルバイオロジー
遺伝子工学
免疫化学
酵素化学
生物物理化学
食品化学
公衆衛生学
栄養化学
微生物学
植物生理学
環境生物化学
ゲノム科学
B群
鉱物と結晶
学外研修
基礎生物学実験

4年次

カリキュラムを開く/閉じる
A群
○生命化学特別実験
○卒業論文
B群
微生物実験
労働法規
【2017年04月01日更新】

進路について

資格取得の優遇措置がある資格・免許

卒業後の進路

化学系学科の主な就職先(2017年3月卒業生)

伊藤製パン(株)、花王ロジスティクス(株)、(株)カナオカ、カバヤ食品(株)、協同乳業(株)、KOA(株)、三和シヤッター工業(株)、大王製紙(株)、大成ラミック(株)、太陽誘電ケミカルテクノロジー(株)、テーブルマーク(株)、東京ガス(株)、(株)東光高岳、戸田フーズ(株)、凸版印刷(株)、日産車体(株)、日本化成(株)、日本農産工業(株)、東日本旅客鉄道(株)[JR東日本]、(株)日立ソリューションズ・クリエイト、フジパングループ本社(株)、フジフーズ(株)、(株)富士薬品、(株)マーレフィルターシステムズ、山崎製パン(株)、雪印メグミルク(株)、ルネサスエレクトロニクス(株)、(株)ロック・フィールド、YKKAP(株)、わらべや日洋ホールディングス(株)
【公務員】甲州市役所、千葉県庁、那珂川町役場

化学系学科業種別就職割合

(2017年3月卒業生)*画像クリックで拡大表示

Real Voice

  • student 永沼 美弥子さん
    生命化学科
    永沼 美弥子さん

    人のくらしと密接にかかわる医薬品で人々に貢献したい

    演習や実験を通して、化学の基礎がしっかり身につく

    両親が医療関係の仕事をしている関係で、私にとって医療はずっと身近にある存在でした。進路選択の際、工学院大学に先進工学部が新設され、そこに創薬を行う研究室があることを知り、工学を学びながら医薬品の研究ができる点に魅力を感じ、進学を決めました。これまで学んでみて感じるのは、先生方の面倒見がとても良いことです。特に、「有機化学演習」は、難しい内容ですが丁寧に授業が進められるので、知識が着実に身についていると実感できます。実験科目も充実しており、中でも合成実験は創薬との関連性が高く、一層力が入ります。将来は研究者として創薬に携わりたいので、大学院に進みさらに専門性を高めていきたいと思います。