環境化学科

環境化学科

環境化学科の特徴

豊かな自然と快適な生活を化学で実現する

化学系の基礎科目や実験・実習を通して、環境の実態を捉え、改善する方法を学びます。さらに、最先端の化学技術を駆使して、環境を保全する技術や環境負荷を低減する技術をつくり出し、持続可能な社会に貢献できる技術者・研究者を育成します。

【キーワード】環境システム工学/大気汚染防止/水処理/土壌浄化/オゾン処理/地球温暖化/環境材料化学/再生可能エネルギー/燃料電池/環境調和型材料/熱電変換/リサイクル/環境評価・設計/ライフサイクルアセスメント(LCA)/環境経営/低炭素社会/計算化学/環境材料設計
学びの領域

社会につながる工学院大学の学び

環境化学科の学びを通して…、4年後こんなあなたに成長できる

社会につながる学び1
社会につながる学び2
社会につながる学び3

研究室紹介

カリキュラム

○:必修科目 △:選択必修科目

1年次

カリキュラムを開く/閉じる
共通基礎科目
自然科学の歩き方
○微分
○積分
○偏微分
重積分
微分・積分演習
偏微分・重積分演習
線形代数1
線形代数2
線形代数3
線形代数4
○物理学1
物理学2
物理学実験
物理学演習
○化学1
○化学2
化学実験
○生物学
生物学実験
○地学
地学実験
○情報処理入門
情報処理演習
専門基礎科目
環境化学概論
有機化学基礎
△地球環境工学
△物理化学I
△無機化学I
△有機化学I
△分析化学I
△生物化学
専門共通基礎科目
生命化学概論
応用化学概論
応用物理学序論
機械理工学概論
物理数学
回路理論I
プログラミング論I
工学基礎英語1
工学基礎英語2
実験系
環境化学基礎実験
演習系
物理化学演習I
B群
幾何学I

2年次

カリキュラムを開く/閉じる
共通基礎科目
生物学実験
地学実験
専門基礎科目
△物理化学 II
△無機化学 II
△有機化学 II
△分析化学 II
実験系
△物理化学実験
△環境分析実験
△機器分析実験
演習系
物理化学演習 II
移動現象演習
数値計算法及び演習
図学及び製図演習
A群
△移動現象
△大気環境工学
△環境材料化学
環境施設見学
機械工学・材料加工学概論
化学工業総論
B群
化学工学基礎
くらしと化学
安全化学
無機・有機材料概論
物理化学概論
真空応用機器
微細加工技術
機構学及び機械要素
幾何学II
微分方程式論
知的財産権法
化学総合
物理学概論
地学概論
環化物理学実験
実務のための知的財産権

3年次

カリキュラムを開く/閉じる
共通基礎科目
生物学実験
地学実験
実験系
○環境化学実験 A
○環境化学実験B
演習系
分離工学及び粉粒体工学演習
装置設計演習
卒業論文系
環境化学セミナー
A群
△分離工学
△粉粒体工学
△化学装置設計
△水環境工学
△土壌環境工学
△LCAと企業
△環境政策と地域開発
△分離工学
△粉粒体工学
△化学装置設計
△水環境工学
△土壌環境工学
△LCAと企業
△環境政策と地域開発
△環境エネルギー工学
△高分子材料化学
△材料強度学
△エネルギー装置設計
電気・計測工学概論
環境化学特別講義
学外研修
B群
代数学
ベクトル解析
複素関数論
応用解析学
統計学
地球科学実験

4年次

カリキュラムを開く/閉じる
卒業論文系
○環境化学特別実験
○卒業論文
B群
計画工学
労働法規
【2017年04月01日更新】

進路について

資格取得の優遇措置がある資格・免許

卒業後の進路

主な就職先(2017年3月卒業生)

相田化学工業(株)、ウエットマスター(株)、(株)ウォーターテック、SMC(株)、(株)NTTデータビジネスシステムズ、(株)NSD、(株)オーテック、管清工業(株)、(株)キッツマイクロフィルター、KOA(株)、三和シヤッター工業(株)、新菱冷熱工業(株)、大王製紙(株)、大成ラミック(株)、鶴見製紙(株)、TPR(株)、(株)寺岡製作所、東京ガス(株)、東京高圧山崎(株)、東ソー・シリカ(株)、(株)トーモク、日産車体(株)、日本設備工業(株)、東日本旅客鉄道(株)[JR東日本]、(株)日立プラントサービス、富士通ネットワークソリューションズ(株)、平成理研(株)、(株)松村電機製作所、ユニシステム(株)、YKK AP(株)
【公務員】甲州市役所、千葉県庁、那珂川町役場

化学系学科業種別就職割合

(2017年3月卒業生)*画像クリックで拡大表示

Real Voice

  • student 石井 愛美さん
    環境エネルギー化学科(現・環境化学科)
    石井 愛美さん

    技術開発職として環境問題の解決に貢献したい

    化学技術者としての心構えまで学ぶ

    環境問題は、私たちが直面する大きな課題で、世界が一丸となって取り組まなければなりません。私が地球環境に関
    心を持ったのは、中学生の時に、地球温暖化が北極の生物に与える影響について調べたことがきっかけ。そして自分自
    身が環境問題を学ぶことで、少しでも解決につなげていきたいと思い、現在の学科を選びました。将来、化学技術者と
    して活躍することを見据えているため、どの授業にも熱が入ります。そのおかげで、知識だけでなく、技術者としての心
    構えまで学ぶことができました。