コンピュータ科学科

コンピュータ科学科

コンピュータ科学科の特徴

コンピュータシステムで安全な情報社会をめざす

ソフトウェア開発とコンピュータ応用、セキュリティ管理のエキスパートを育てます。

【キーワード】
情報セキュリティ/暗号理論/ソフトウェア工学/数値シミュレーション/音響・信号処理/画像探索
コンピュータ科学科の特徴

社会につながる工学院大学の学び

コンピュータ科学科の学びを通して…、4年後こんなあなたに成長できる

社会につながる学び1
社会につながる学び2
社会につながる学び3

研究室紹介

カリキュラム

○:必修科目 △:選択必修科目

1年次

カリキュラムを開く/閉じる
共通基礎科目
○微分
○積分
偏微分
重積分
○微分・積分演習
○線形代数学1
○線形代数学2
○線形代数学演習
物理学1
物理学2
情報物理学A
情報物理学B
物理学実験
物理学演習I
物理学演習II
○情報処理入門
化学A
化学B
専門基礎科目
○情報学序論
○情報数学1
○情報数学2
情報数学3
情報数学4
○情報数学演習I
情報数学演習II
○プログラミング1
○プログラミング2
○プログラミング3
○プログラミング4
○プログラミング演習I
○プログラミング演習II
○論理回路
○電気回路理論I
○電気回路理論演習I

2年次

カリキュラムを開く/閉じる
共通基礎科目
線形代数学3
線形代数学4
生物学基礎論
専門基礎科目
○確率・統計I
コンピュータアーキテクチャ
データ構造とアルゴリズム
○情報学概論
情報学特別講義
○情報学実験
情報コミュケーション英語
科学レポートの書き方
○コンピュータ科学序論
計算幾何学
統計解析学
離散数学
△情報理論
○コンピュータ科学実験
A区分【コンピュータ応用】
信号処理演習
△数値計算法概論
△信号処理概論
△データベース論
B区分【ソフトウエア設計】
△OS基礎論
△プログラミング言語基礎論
△モバイルコンピューティング
C区分【セキュリティ】
△情報ネットワーク論

3年次

カリキュラムを開く/閉じる
専門基礎科目
微分方程式
情報処理技術概論
○情報技術者英語
英語文献講読
情報社会と情報倫理
A区分【コンピュータ応用】
△情報社会論
△音響工学基礎
△画像工学基礎
△並列・分散システム
△計算数理
科学技術シミュレーション
組み込みシステム
組み込みシステム演習(PBL)
応用音響処理
応用画像処理
最適化論
B区分【ソフトウエア設計】
△オブジェクト指向プログラミング オブジェクト指向プログラミング演習(PBL)
△ソフトウエア工学I インターフェース論
Webシステム演習(PBL)
ソフトウエア工学II
C区分【セキュリティ】
△セキュアシステム
セキュアシステム演習(PBL)
セキュリティ構築運用実務
△暗号理論
セキュリティ監査
学外研修
○コンピュータ科学セミナーI(PBL)
○コンピュータ科学セミナーII(PBL)

4年次

カリキュラムを開く/閉じる
C区分【セキュリティ】
知的財産
○卒業論文(PBL)
【2016年04月01日更新】

進路について

資格取得の優遇措置がある資格・免許

卒業後の進路

主な就職先(2017年3月卒業生)

いすゞ自動車(株)、NECソリューションイノベータ(株)、NECネッツエスアイ(株)、NECフィールディング(株)、NTTアドバンステクノロジ(株)、エヌ・ティ・ティ・コムウェア(株)、京セラコミュニケーションシステム(株)、クラリオン(株)、(株)ケーヒン、ソフトバンク(株)、大日本印刷(株)、(株)東急コミュニティー、東芝テック(株)、凸版印刷(株)、日産自動車(株)、日本電産サンキョー(株)、パナソニック(株)、東日本旅客鉄道(株)[JR東日本]、日立オートモティブシステムズ(株)、日立ジョンソンコントロールズ空調(株)、(株)日立製作所、(株)日立ソリューションズ・クリエイト、富士ソフト(株)、(株)富士通ゼネラル、(株)三越伊勢丹システム・ソリューションズ、三菱電機インフォメーションネットワーク(株)、明治安田システム・テクノロジー(株)、ヤフー(株)、楽天(株)、リコージャパン(株)
【公務員】鹿角市役所

情報系学科業種別就職割合

情報系学科業種別就職割合

(2017年3月卒業生)*画像クリックで拡大表示

Real Voice

  • student 辻 祥太さん
    コンピュータ科学科
    辻 祥太さん

    大学の中にある可能性を見い出し積極的な姿勢で自分を成長させる

    課外活動を通してプログラミング力を伸ばす

    大学はいろいろな可能性が広がっているという思いから、これまでにさまざまなことに取り組んできました。その一つが、全世界から3万人以上の大学生が参加するプログラミング大会への参加。世界大会への出場は果たせませんでしたが、高い目標に挑むことでスキルアップにつながりました。また、先生の手伝いをしながら後輩に教えるSA(スチューデントアシスタント)の活動も、人に教える経験を通して自分自身の理解も深まり、役に立ったと感じています。