情報通信工学科【2016年4月新設】

情報通信工学科【2016年4月新設】

情報通信工学科の特徴

デバイスとネットワークで情報を未来へとつなぐ

ネットワーク、通信、デバイス技術の原理から応用まで幅広く理解し、情報社会の高度化に貢献する人材を育てます。

【キーワード】
ネットワークコンピューティング/通信システム/ソーシャル・ネットワーク/移動通信(携帯電話)/次世代ディスプレイ/物体認識と画像検索
情報通信工学科の特徴

社会につながる工学院大学の学び

情報通信工学科の学びを通して…、4年後こんなあなたに成長できる

社会につながる学び1
社会につながる学び2
社会につながる学び3

研究室紹介

カリキュラム

○:必修科目 △:選択必修科目

1年次

カリキュラムを開く/閉じる
共通基礎科目
○微分
○積分
偏微分
重積分
○微分・積分演習
○線形代数学1
○線形代数学2
○線形代数学演習
物理学1
物理学2
情報物理学A
情報物理学B
物理学実験
物理学演習I
物理学演習II
○情報処理入門
化学A
化学B
専門基礎科目
○情報学序論
○情報数学1
○情報数学2
情報数学3
情報数学4
○情報数学演習I
情報数学演習II
○プログラミング1
○プログラミング2
○プログラミング3
○プログラミング4
○プログラミング演習I
○プログラミング演習II
○論理回路
○電気回路理論I
○電気回路理論演習I

2年次

カリキュラムを開く/閉じる
共通基礎科目
線形代数学3
線形代数学4
生物学基礎論
専門基礎科目
○確率・統計I
コンピュータアーキテクチャ
データ構造とアルゴリズム
○情報学概論
情報学特別講義
○情報学実験
情報コミュニケーション英語
科学レポートの書き方
総合幾何学I
複素関数論
数値計算法
△電磁気学
△電磁気学演習
△電気回路理論II
△電気回路理論演習II
△アナログ電子回路I
デジタル電子回路
△システムソフトウェア
△デジタルメディア工学基礎
△通信システム基礎
専門共通科目
○情報通信工学実験I

3年次

カリキュラムを開く/閉じる
専門基礎科目
総合幾何学II
線形システム論
応用解析学
△電子デバイス工学
アナログ電子回路II
△通信ソフトウェア論I
通信ソフトウェア論II
○情報技術者英語
英語文献講読
情報社会と情報倫理
通信・ネットワーク
△通信工学
△無線通信工学
△情報通信ネットワーク
デジタル信号処理
△ネットワークセキュリティ
インターネット論
△移動通信工学
高周波工学
ユビキタス概論
情報メディア
△通信情報理論
デジタル符号と確率・統計
△マルチメディア工学
コンピュータビジョン
△画像工学
ソーシャルネット論
専門共通科目
学外研修
○情報通信セミナーI(PBL)
○情報通信セミナーII(PBL)
○情報通信工学実験II
○情報通信工学実験III

4年次

カリキュラムを開く/閉じる
専門基礎科目
電気通信法規
知的財産
労働法規
専門共通科目
○卒業論文(PBL)
【2017年04月01日更新】

進路について

資格取得の優遇措置がある資格・免許

◎社会貢献活動支援士※3
◇無線従事者(第1級陸上特殊無線技士)※1
      (第3級海上特殊無線技士)※1
●無線従事者(第1〜3級総合無線通信士)※1
      (第1・2級海上無線通信士)※1
      (第1・2級陸上無線技術士)※1
△電気通信主任技術者※1
◆中学校教諭一種免許状(数学)
◆高等学校教諭一種免許状(数学/情報)
◆学芸員
□設備士
○建築設備士※1※2

◇:所定の科目を修得することで、在学中に無試験で免許が申請できる
●:所定の科目を修得し卒業することで、試験科目の一部が免除になる
(卒業後3年以内)
△:所定の科目を修得することにより、在学中でも試験科目のうち「電気通信システム」が免除される。
◆:教職課程履修者、学芸員課程履修者
□:卒業後、受験資格が得られる
○:卒業後、2年以上の実務経験で、受験資格が得られる。
※1:掲載している資格・免許は予定であり、変更となる場合がある。
※2:申込者ごとに提出された成績証明書により、一定の科目を履修していることが確認できたものが認められる。
※3:所定の科目を修得することにより、受験資格が得られる。

卒業後の進路

主な就職先(2016年3月卒業生)

いすゞ自動車(株)、伊藤忠テクノソリューションズ(株)、NECネッツエスアイ(株)、NECフィールディング(株)、エヌ・ティ・ティ・アドバンステクノロジ(株)、(株)NTT-ME、(株)関電工、(株)協和エクシオ、KDDI(株)、水ing(株)、(株)セブンーイレブン・ジャパン、(株)東急コミュニティー、東京地下鉄(株)、東芝デジタルメディアエンジニアリング(株)、東芝テック(株)、凸版印刷(株)、西日本旅客鉄道(株)[JR西日本]、日本コムシス(株)、日本郵便(株)、(株)野村総合研究所、東日本旅客鉄道(株)[JR東日本]、(株)日立公共システム、(株)日立産業制御ソリューションズ、(株)日立システムズ、日立情報通信エンジニアリング(株)、(株)日立製作所、(株)日立パワーソリューションズ、(株)日立ソリューションズ・クリエイト、富士ソフト(株)、富士通ネットワークソリューションズ(株) 【公務員】官庁[国家公務員]、警視庁(東京都警察)、青森県市町村役場

情報系学科業種別就職割合

情報系学科業種別就職割合

(2016年3月卒業生)*画像クリックで拡大表示

Real Voice

  • student 上村朋子さん
    情報通信工学科
    上村朋子さん

    便利なネットワーク通信を支える高度な技術に感動

    「情報通信工学実験」では、実際のインターネットと同じようにルーターをつないでネットワークを構築し、データを送信。たった10 文字のメール送信でさえ、裏に膨大なデータのやり取りがあり、それを数秒で処理していることに驚きました。4年次からはHDDやモーターに関する研究に取り組みます。通信・ネットワークからデバイスまで幅広く学べるのが、この学科の強みだと思います。
  • student 藤島永太さん
    情報通信工学科
    藤島永太さん

    基礎を融合させながら 自分の興味を絞っていけます

    インターネットによる情報通信や、通信用の電子回路など、情報・通信・電子を横断して学ぶことができます。なかでも私が力を入れているのは、情報の分野。元々プログラミングをしたくて入学したこともあり、PCの中の動きに関心があります。4 年次の研究室では今注目されるPCの仮想化を取り上げ、大学院進学も視野に研究に注力したいです。